• HC001
  • HC001
  • HC001
  • HC001
  • HC001

クリスタルクリーンPMS 60cc

体質改善・免疫力強化
主成分のファイトシンが血液の汚れをとり細胞液を きれにして免疫力を高めます

クリスタルクリーンの研究経過および説明

pms2“生きている”と言うのはどういう事だろう、この疑問から研究が出発しました。

地球が誕生して40億年と言われています。 その間生命は綿々と続いてきました。

生物個体はいわゆる寿命があって一定期間で消滅しますが、世代交代を通じてその生命は継続してきた ことがわかります。

生物の生命の継続は、世代交代、つまり生殖作用があってはじめて生命が成り立っているということができます。

ある時点で生殖現象が 起こらなければ以後の世代はありません。
つまり、生命が“断絶”すると言うことになります。
このように考えると生物の生殖 現象は生命の継続か断絶かを決定する重要な鍵といえます。

生物の生殖減少の起こるしくみがわかれば、同時に生命のしくみがわかることに つながるわけです。

ところで植物花成、つまり、植物に花が咲くと言うことは生殖現象と言えます。
花が咲かないと種子ができません。
つまり、次の世代は 消滅し生命の断絶が起こる、ということです。

そこで生命現象を解明する手がかりとして植物花成に着目して研究が始まりました。

その長年の多岐にわたる実験、研究の結果、あきらかになったのは、「種子の成熟する過程で環境の光や温度を“ある物質” の働きで記憶し、発芽後、どのような温度や日長条件の時に花が咲くのかを決めている。
そしてその情報は世代を通じて継承されていく」と いう画期的な発見でした。

そして、その物質を抽出することに成功し、それをファイトシン(Phytosin)と名づけました。

その後、ファイトシン(Phytosin)溶液内での植物組織維持試験、植物生育実験、植物生育試験、動物組織維持試験、バクテリア繁殖実験、 動物の生体維持試験、人間のガン細胞と正常細胞の培養試験等のさまざまな実験によって生命に対するファイトシンの働きを調べて行った結果、 ファイトシン(Phytosin)は、すべての動植物の生体組織の維持や成長に関係しており、生命が持っている生体システムを、正常な方向に 向かわせて行くという重要な働きが発見されました。

そのファイトシン(Phytosin)の研究の中から、特に人類の健康維持、生命維持に関わる重要な“生命情報伝達物質”として、ユニフェロンMとユニフェロンSと言う特殊なミネラルと脂質の複合体が発見され、それらの物質が遺伝情報や生殖情報、また細胞の活性化情報等々の?生命維持に重要なファクターとして働いていることが判明しました。

自然物質であるユニフェロンMとユニフェロンSならびに、特殊ミネラルを配合して、生体の本来持つ特質を発揮させ、人の健康維持と 健康改善に役立てるために開発したすばらしい商品、それがPMSです。

定価(税込)
¥10,694
販売価格(税込)
¥10,065
在庫状態
在庫有り
数量